2014年09月26日

会場と同じ名匠

会場と同じ名匠・井上誠一の設計コースで過去3勝しており、相性の良さで05年ANAオープン以来9年ぶりの通算9勝目を目指す。

深堀は今季最高の2位発進に「最高のゴルフ日和でしたね。バーディーをいっぱい取れたので上出来です」と柔らかな笑みをこぼした。初日は44位で終えたが「だんご状態なので順位は関係ない。

「ショートゲームが良くなってきた。アイアンの距離感さえ出せれば、と割り切れたのが良かったね」はっきりと設計者の意図が分かる。明日も井上さんと仲良くする」。

その狙いはアドレスで前傾を取るためという。長いクラブの方が前傾が浅くなるが、石川は「短いパターはどうしてもヒジを伸ばして構えてしまう。ダンロップゼクシオMP800アイアン


この記事へのトラックバックURL

http://slimshad.fukuokablog.jp/t4538
上の画像に書かれている文字を入力して下さい