2015年01月06日

「定年後はゴルフバッグを担いでアジアに行こう」

「定年後はゴルフバッグを担いでアジアに行こう」

永らくご無沙汰してしまいました。4月から部署が変わり、それに伴いバタバタしていて、ブログを更新する余裕がありませんでした。御免なさい。これからはちゃんと更新するつもりですさて、9月のバンコクゴルフ旅行の最終日は、サミット・ウィンドミル・ゴルフクラブです。ここは以前はウィンドミル・パーク・カントリー・クラブという名前でした。バンコク市内からも近く、住宅地の中にあるきれいなゴルフ場です。1991年開業、設計はニック・ファルドです。ブルーティーで6,956ヤード、イエローティーで6,701ヤード、ホワイトティーで6.392ヤード、レッドティーで5,486ヤードです。とにかく市内から近いのがいいのです。いつものバンナートラッド通りを東に向かい、10km地点を左折した所にあります。あっという間に着いてしまいましたそしてこの入り口の周りにコンド(マンション)が建っています。出来たばかりか、どれだけの人が住んでいるのかは分かりませんが、ここからだとバンコク市内への通勤できるし、朝、ゴルフをしてから会社に行くことも出来ます裏側からみたクラブハウスです。まるでモスクのような屋根で、このゴルフ場の象徴的な屋根ですね。どこからでも見えますそれでは1番550ヤード(白ティ)パー5です。左ドッグレッグしていて、左側には池が続いていることが分かりますねティーイング・グラウンドからです。天気よし、グリーンは緑で、池は青、空もブルー。文句なしのゴルフです。池の先に人が立っているのが見えますが、ここがグリーンですティーイング・グラウンド方向です。逆光ですが、クラブハウスと建設中(あるいは建設中止した)コンドが見えます。ピンゴルフ用品


この記事へのトラックバックURL

http://slimshad.fukuokablog.jp/t5614
上の画像に書かれている文字を入力して下さい